お電話でのお問い合わせ 03-6661-3051 | 受付時間 9:30~17:00

社会保障と税の一体改革-消費税に複数税率!?-

消費税の税率アップが世間を騒がせています。

平成26年4月1日から8%、平成27年10月1日から10%と段階的に税率が上がります。

年金、医療費、介護費などの社会保障費は高齢化のため増え続けており、

プライマリーバランスの改善の問題など、財政上の課題は多くあります。

 

さて、消費税に関してよく問題にされるのは、「逆進性」です。

簡単に言いますと、所得税などは、たくさん稼いでいる人にはたくさんの税金を、あまり稼いでいない人には少しの税金を課すことになりますが

消費税はみんな同じように課税するため、低所得者の税負担が重くなるというのが逆進性です。

 

これに対して政府は

低所得者対策として「給付付き税額控除」などを導入することとしています。

この給付付き税額控除と並んで議論されるのが「複数税率」です。

複数税率は、たとえば食品など生活必需品には低い税率を適用し、贅沢品には高い税率を適用するなどです。

 

一見、複数税率もよく見えますが、

複数税率を適用するためにはインボイス方式の導入や事務負担増大等の問題も多く抱えています。

 

新しい情報が出ましたら、またここでご報告したいと思います。